FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

―櫛・簪・宝飾品― 「日本の飾り」&動物を愛した陶芸家たち

meiji1


土曜日にまた美術館巡りをしてきました。
3週連続というのはかなりハイペースです。これもブログを始めてネタ探しに熱心になったせいでしょうか。
まずは明治神宮の特別展 ―櫛・簪・宝飾品― 「日本の飾り」
主に江戸時代頃の櫛やかんざしが展示してあります。
こんなに綺麗なものを日用品として使っていたのを考えると、とても昔の人を馬鹿にはできません。
僕も一つくらい、なにか贅沢な物を所有したいです。そんなお金ありませんが。

社殿へいくと、ちょうど結婚式の列が通りがかっていました。
ナイスチャンスとばかりにパシャパシャ撮らせていただきました。

主に巫女さんの方を。

meiji2
風になびく千早がたまりません


さて、午後は赤坂のニューオータニ美術館へ。
その名の通り、ホテルニューオータニ内にある美術館です。
こちらでは「動物を愛した陶芸家たち バーナード・リーチから形象土器へ」という展覧会が催されていました。
……しまった、入口の写真撮り忘れた。

皿やティーポットから現代風のオブジェまで、動物をモチーフにした陶芸作品が展示されています。
運のいいことに学芸員の方がギャラリートーク(作品解説)を始めていたので、
それを聞きながら館内一周することに。
作者の来歴やら作品に使われた技法やらを解説してくれるので、とても勉強になりました。
ギャラリートークに参加したのは初めてですが、
次から展覧会に行くときは時間を合わせて行ってもいいかも。


その後は実家に行って一泊。
実家が東京にあると色々便利です。

コメント

私もこんなのを見に行きたいものです
主がうらやましいですね、あぁもちろん巫女さんのことですよ、言わなくてもわかると思いますが

和服のポーズ集の本はいくつか出版されているのですが、
どれも室内の無風状態で撮ったものばかりなのです。
風になびく服や髪の写真集とか出せば売れると思うのですけど、どこか出さないかなぁ。
風にあおられる巫女さんとか、それだけで一日中見ていられるのですけど。

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。